shttp://xxeronetxx.info/ 耐震補強対策 |株式会社田村工務店の注文住宅

阪神・淡路大震災以来、「補強」を推進。家族を守る建物には強さと、しなやかさが必要です

地震の多いわが国の住宅は、強固なだけではなく、揺れにも対応できる柔軟さを備えておくことが重要です。だからこそ、田村工務店ではかつての重大な震災の記録を元に、既存住宅にも採用できる耐震補強を施工しています。また、当社は大阪府の耐震診断・改修事業者にも登録されていますので安心してご相談ください。

高気密・高断熱に優れた木造の独自工法。機能と設計自由度の高さで妥協のない住宅を創る。

筋交い補強

木造住宅の軸組構造の対角線方向に筋交いやパネル壁にすることによって、地震や強風などの大きな力が加わっても軸組が変形しないよう、耐える力を補います。
田村工務店では、これまでに培った木造住宅の建築ノウハウを活かした軸組構造の調査をもとに、家全体のバランスを見極めながら、必要な部分に必要な耐力壁を施し、お客様の大切な家を守ります。

筋交い 耐力壁補強 基礎補強

補強金具

阪神・淡路大震災以来注目されている、木造住宅の耐震補強金具にもさまざまな種類があります。田村工務店では、それぞれの住宅の状況を確かめながら、最適な耐震補強金具の種類、数、箇所を計算して施工します。施工前にはお施主様に十分な説明をさせていただきますのでご安心ください。

補強金具

耐震シェルター工法

この工法は戸建住宅で1階部分の1室を倒壊しない頑丈な構造の空間(シェルター室)にすることで、他の部分の倒壊を防ぐと共に住宅全体を強くする工法です。また、シェルター室には直接家の外へ出られる開口窓部分を設置し、万一、大地震が発生してその他の部分が倒壊した場合でも、地震が治まった後に安全かつ容易に外へ非難ができます。シェルター室として使用する部屋は、主に居住時間の長いリビングや主寝室などが適しています。

室内から耐震基礎補強

室内から耐震基礎補強

鋼製梁柱補強耐震シェルター

鋼製梁柱補強耐震シェルター

完成した22畳の安心居住空間「シェルター室」

完成した22畳の安心居住空間
「シェルター室」


関西電力 はぴ-eビルダ−会
株式会社田村工務店
大阪府高槻市宮田町3丁目46-19 TEL:072-696-7666
>> お問い合わせ・資料請求はこちら